MENU

癌に勝つ食事

これまでの癌の食事と言えば、ジュースにスープなど、よく目につきますが、本当いそんな粗食で治療を乗り切れる体力や免疫力がつくのでしょうか?ここではそんな難敵のガンに勝つ為の食事について見て行きます。
少しでも今の症状の改善や再発を防ぐ為の参考になれば幸いです。

癌に勝つ食事記事一覧

玄米菜食は栄養不足になりやすい事をご存じですか?巷には、ガンになってしまつた時の食事法が沢山提唱されていますが、その代表的なものに玄米菜食があり、人気のある食事療法です。玄米を主食として、野菜や漬物や乾物などを副食とすることを基本としており、江戸時代の脚気対策として広まり、それが現在でも健康に良いとして続いている食事法です。では、がん対策としての玄米菜食としてはどうでしょうか?まず言えるのが低たん...

肉食と癌の関係で、「牛肉の赤身の肉を食べ過ぎると乳がんの発生が増える」という事を聞いたことはありませんか?今でも、乳がん患者さんで、肉を食べないように避けている方もいらっしゃるかもしれませんね。この発端は、肉食と癌に関してのアメリカの論文が、以前に話題になったことがあるからでしょう。現在は、多くの論文が出ており、インターネットで翻訳サイトなどを使えば様々な論文が読めるようになり、ある程度の内容は掴...

野菜や果物を食べると、癌を予防したり改善出来ると思いますか?癌患者さんは、巷には様々な療法があるのでどんな治療をすればいいのか、非常に迷われていることでしょう。そして、1日に2リットル以上の野菜や果物ジュースだけを飲むというゲルソン療法やマクロビオティツクという食事療法がありますが、野菜や果物を沢山食べると癌の予防や改善効果が期待出来るとうのは、これらから出てきたと考えられますね。確かに野菜には、...

糖質の摂り過ぎが、乳がんや大腸がんを招きやすいのをご存じですか?一般的には、脂肪の摂りすぎが乳がんや大腸がんを引き起こすリスクを高めると長い間にわたって信じられてきました。ですが、欧米での約5万人を対象とした8年間に及ぶ大規模な介入試験の追跡調査において、脂肪制限を強力に行ったグループと、制限をしないグルプを比較したところ乳がんや大腸がんのリスクが下げないということが報告されました。これによって乳...

乳がん患者の食生活には共通点があるのをご存じですか?そもそも数あるかんの中でも乳がんほど食生活の影響が大きい病気はありません。では、具体的には乳がんの患者さんの食生活にはどのようなものが見られるのでしょうか?それは、朝食にパンを良く食べることです。更に昼などにパスタを食べ、伝統的な日本食が減っていき、代わりにパンが主食になり、それに合わせてテーブルにはコーヒーや牛乳、サラダといったように、食事が欧...

乳がんの方には便秘がちな人がとても多いという特徴があるのをご存じですか?これは、あきらかに食事が影響していると考えられますね。便は文字通り体からの便りとも言えるので、体が良い状態にあるかどうかは便を見ればすぐに分かります。そして、便秘の改善には野菜や海藻などの食物繊維を多く食べれば便秘は治ると思いがちですが、実は野菜を好んで食べる女性ほど便秘が多いのです。そもそも便通を良くするには、適度な水分が便...

不幸にして、がんと診断されたなら食事についても気をつける必要がありますね。がんが必要とする栄養素分は、免疫細胞はもちろんのこと、体中のあらゆる細胞が必要とする栄養分でもあるのでそれらを十分にとらいないでいると、がんよりも体の方が損をします。例えば、乳がん患者さんに食生活で気をつけていることはありますかと聞くと、圧倒的に多いのが肉食をやめて、野菜を沢山食べるようにしたという答です。ですが、直ぐに手術...

がんには脂質は全く悪いものと思っていませんか?脂質は太るもの、身体に悪いという間違った情報がひとり歩きをしていましたが、近年は中鎖脂肪酸の他にオメガ3脂肪酸も非常に良い油で、癌の予防にも良質な脂質を食事から摂取することが大事であることがメディアでも取り上げられるようになってきました。そもそも脂質は、人体を構成する細胞の膜を作る成分であり、血液やホルモンも脂質がないと作れないなど、身体には必要不可欠...

果物に含まれている果糖は、ブドウ糖以上に癌を促進する可能性があることをご存じですか?また、最近では果物や野菜を大量に摂取しても、がんが発生するのを予防する効果は限定的だったり、効果がないという研究結果も増えてきていますね。そして、がん細胞はエネルギー源としてブドウ糖を大量に取り込むので、血中のブドウ糖濃度が高い状態である高血糖はがん細胞の増殖になります。つまり、ブドウ糖を餌にして増殖しているという...

ヨーロッパのことわざに、「朝の果物は金」というものがあるのをご存じですか?果物はビタミンCや食物繊維なども豊富なので、ことわざにあるように朝に果物を食べることは「金」に値するほど健康にいいと思っている方も多いのではないでしょうか。また、朝に果物が体に良いと思っている人は、起床時には血液中にのブドウ糖が減っていることから、果糖が効率よくエネルギー源になることからでしょう。ですが、朝の果物は金というの...

がんに対する糖質制限食の有効性はどのくらいあるのでしょうか?高インスリン血症、高血糖、肥満は発がんのリスクになることが分かっているのですが、糖質制限食をすると、これらすべてを取り除くことが出来ますから、理論上は発がんリスクを下げる可能性があるんですね。したがって、断糖食で糖質制限する食事をすれば、膵臓、食道、乳房、子宮体部、大腸、腎臓、胆のうなどのがんを予防出来たり、改善できる可能性があるのです。...

牛乳や乳製品とがんの関係をご存じですか?特に乳がんの方は、牛乳や乳製品を摂取してはいけないという考えは根強くありますね。これは牛乳に含まれる動物性脂肪や女性ホルモンが、乳がんを悪化させる可能性があるからでしょう。その為、乳製品を全く摂らないという患者さんも多いものです。ところが疫学研究などの結果などを調べてみると、乳製品が乳がんを促進することはない、もしくは予防するということも示唆されており、その...

ビタミンCはがんに非常に良いと言われているのをご存じですか?実際にがんの治療には、点滴で超高濃度のビタミンCを投与する方法もとられているんですね。これは点滴によりビタミンCの血中濃度を通常より高くするという治療方法です。そうすることでがん細胞の周りで金属類が反応して過酸化水素が発生するのです。過酸化水素とは、殺菌消毒薬であるオキシドールの原料で、これががん細胞を攻撃して消滅させるのです。また、正常...

タンパク質をしっかり摂っていますか?がん治療においてもタンパク質は重要になり、不足すればがんとの闘いに不利になってしまいますね。そもそも私たちの体の血液や抗体、免疫細胞などもタンパク質を材料にしており、それが不足すれば癌に負けやすくなってしまうのです。特に女性は、パンやパスタなどの炭水化物が中心の食事が多く、肉はカレーや野菜炒めに少し入っている程度で、食べた気になっている女性が少なくありません。で...

ダンピング症候群は糖質制限の食事で予防効果が期待出来るのをご存じですか?ダンピング症候群は特に胃ガンで胃を切除した人に頻繁に起こることが知られていますね。症状としては、動悸、めまい、冷や汗、全身の脱力や倦怠感、顔面の紅潮、頭痛、イライラなどがあります。そして、胃を切除した人は、食事を摂ると胃の中で食べ物をいったん溜めるという時間がなくなり、すぐに小腸に送られて行きます。ということは、このような人が...

がんは肥満によってリスクが高くなると言われいますね。最近はメタボという言葉も定着し、動脈硬化が原因で心臓病や脳卒中、更には糖尿病やがんになる人が多いことから、死の四重奏とも呼ばれています。また、多くの人は肥満の原因はカロリーの取り過ぎだと思っているのではないでしょうか。ですが、そうしたカロリー制限の食事では、肥満も糖尿病なども改善しないことが多かったことから、注目されるようになってきたのが糖質です...

がん細胞も栄養を絶たれれば死んでしまいますね。私たちの体は、およそ60兆個の細胞から出来ていると言われており、その膨大な細胞の一つひとつが生命を維持していく為には、生まれかわる代謝が必要となります。その為に必要になるのが、食事からの栄養なんです。それによって細胞の分裂を繰り返し、生命維持や増大させているのです。ですが、栄養が尽きてしまうと代謝が出来なくなってきて、やがて死に至ってしまいます。これは...

現在のがん治療は、主に三大療法といわれる手術、抗がん剤、放射線が中心で行われていますね。それなりの効果は期待出来る反面、体力の消耗や副作用など、患者さんの免疫機能が低下することが昔も今も問題になっています。そうした肉体的、精神的な患者さんの負担を軽減する為に、以前に比べて副作用がはるかに少ない抗がん剤が開発されたり、内視鏡を使った腹腔鏡手術、ピンポイントで照射が可能な定位放射線治療なども取り入れら...

がんの便秘対策に野菜を食べていませんか?特に大腸がんの発生させる確率を上がる因子になるとされるものに便秘がありますが、その決策として野菜から食物繊維を摂るようにしている方も多いのではないでしょうか。食物繊維は体の消化酵素で分解できず栄養にはなりませんが、腸内細菌のバランスを整えたり、有害物質を吸着して体外に排出する働きがあるので、便秘対策に良い成分です。ですが、サツマイモなどをはじめとした野菜や果...

肉はがんに悪いと思っていませんか?肉は中性脂肪やコレステロールが増えるから、体に悪いと思っている人が未だに多いものです。そのような間違った認識をしてしまう一番の要因は、中性脂肪と動睦性脂肪を同じものだと捉えているからでしょう。そもそも、中性脂肪はエネルギーとして体内で使われなかった糖質から肝臓で作られる脂質で、体脂肪として貯えられます。ですが、肉などの動物性脂肪はこれとは全く違い、肥満とは無関係な...

癌とアルブミン値の関係をご存じですか?このアルブミンは血液中に最も多く含まれるタンパク質で、主に肝臓で作られ、栄養状態や免疫機能の状態を判断する指標となるものです。その為、がん患者さんなら血液データーの検査項目であるアルブミン値が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そして、今の日本で行われているがん治療の中心となっているのは、手術、抗がん剤、放射線の三大療法ですが、これによって症状が回復...