MENU

癌(ガン)治療 先進医療・三大療法不要の希望をつなぐ画期的な食事法

副作用や後遺症に苦しむことなく自分らしく生きる!
元ハーバード大学准教授である崇高クリニック院長の荒木裕先生の【荒木式】がん対策プログラムは、先進医療や三大療法に頼らず、高額な費用を掛けることなく、自宅で様々なガンに対処できる最新の食事療法(断糖食)です。

 

ガンの効果的な治療がないかとお探しではありませんか?

・三大療法では思うような効果を得られない…
・代替療法を探している。
・末期がんで積極的な治療法がない…
・緩和ケアと並行して行える治療法を探している…

 

など、ガンは日本人の死因の約三分の一を占める深刻な病気です。
一般的には、三大療法と呼ばれる手術・抗がん剤・放射線の いずれかまたは組み合わせで治療をすることになるのですが、 副作用が強く、また後遺症が残ったりするなど、がん患者のQOL(生活の質)を下げかねませんね。

 

更に、最悪の場合は、治療によって縮命しえしまうケースさえあります。もちろん三大療法でガンが完治したり改善したりすることもあるでしょうが、 限界があるというのが現状です。

 

ですが、保険適用外の高額な先進医療や三大療法などに頼ることなく、自宅でガン細胞を死滅させる治療レベルの食事法があるのです。
まずは、【荒木式】がん対策プログラムの食事法(断糖食)を実践された方の感想(口コミ)や効果をご覧下さい↓↓

 

 

【荒木式】がん対策プログラム の詳細を見てみる

 

 

なぜ癌になるのか、原因は?

癌は日本人の2人に1人はなる時代とも言われますが、癌の原因はなんでしょうか?

そもそも癌細胞は、健康な人の体にも毎日のように発生しています。

 

 

人間の身体はおよそ60兆個の細胞でできていると言われており、その殆どが日々生まれ変わる中で、1日に数万個のガン細胞は出来ているのです。
それにも関わらず、健康で元気で過ごせるのは、免疫細胞の働きによって取り除かれるからです。

 

 

したがって、がん細胞があるということよりも、免疫細胞が対処できなくなるまでに増えることだと言えるのです。
特に現代人は、食事や生活習慣など、免疫力が低下するような状況に陥いりがちで、それが癌の発症や増殖に大きく影響しています。

癌は遺伝するの?なりやすい体質は

癌は遺伝的な要因もあるのではないかと思っている方も多い事でしょう。
確かに両親から受け継いだ体質という意味では遺伝的な要素もあります。
ですが、遺伝子の問題ではなく、むしろ親子で同じ家に住み、同じ食事などの生活習慣をして暮らしているという環境因子のほうが大きいと言えます。

 

 

また、場合によっては、同じようなストレスを受けていることもあるでしょう。
これが癌が生活習慣病ともいわれる所以です。
実際に、同じ親から生まれた一卵性双生児が、何らかの事情で別々の環境で育ったケースで、一方はガンになり、もう一方はならなかったといった例はいくらでもあります。

 

 

唯一の救いは、癌は食事や生活習慣を変えれば、成長や増殖をしたりする事態を防いだり、改善したりすることが可能ということです。
つまり、己で招く病気だからこそ、自分で予防したり治すという病気と向き合う覚悟が決まると思うのです。

 

ガンを本気で治すなら、医療だけでなく、本人の取り組みが必要不可欠

癌(がん)を本気で治すなら、医療だけでなく、患者者自身の取り組みが必要不可欠です。ガンは昨日今日のことが原因で突然発症ではありません。日頃の食事を含めた生活習慣やストレス等が何年も何十年もかけて積みかさなって、境界線を越えた時に発症してくる病気です。

 

 

ですので、がんの三大療法と呼ばれる手術・抗がん剤・放射線で一時的に癌が消えたとしても、根本的な原因を改善しないことには、再発する可能性も高いと言えます。
そして、ガンの根本的原因の改善は本人にしか出来ないのです。

 

 

実際に現在行われている手術や化学療法は体に大きな負担がかかり、副作用などもあり、そのダメージに負けずに病気を治すには、本来人間に備わっている病気を治す力である自己治癒力も必要になってくるでしょう。
ですが、現代医療は免疫力や自己治癒力を高めることまでは手を貸してくれないと言うのが現状です。

 

 

また、手術が出来なかったり、化学療法などが効かないガンなら尚更、三大医療に頼ることは不可能ですね。
そして、癌を克服した人達に共通してみられるのは、治るという強い信念のようなものがあり、それでいて他者を寄せ付けないようなかたくなさはなく、柔軟なやわらかい心があるように感じます。

 

 

癌の三大医療は絶対的なものとか、食事療法は効くわけないと決めつけるのではなく、実際に西洋医学に限らない治療で完治している人がいるのなら、まずは柔らかい心で、その事実を受け入れて、少しでも同感したなら素直に試すことが、奇跡を起こす最初の一歩になるのではないでしょうか。

 

荒木食事法の良くある疑問とその答え

食材以外に何か購入するものはありますか?
肉や魚などの良質なタンパク質以外にも、荒木先生推薦のサプリメントも紹介してあり、食事法の実践とあわせて摂取して頂くと、免疫力が上がったり、体がアルカリ性になったり、ガンを退治しやすい体質へと変わりやすくなるなど、より効果を感じやすくなるでしょう。
この食事法をすれば、癌は消えますか?
もちろん、その可能性もありますが100%ではありません。

その人の症状や取り組み方によっても違ってくるからです。ですが、多くの人は延命できたり、抗がん剤など副作用に苦しむことなく、自分らしく人生をまっとうされています。

本当に効果はあるのでしょうか?
荒木先生は1970年代にアメリカのハーバード大学で研究生活をスタートされ、この教材は、そこから始まり積み重ねてきた知識と臨床経験の集大成ともいえます。

内容を見ても、食事方法の可能性を信じられない、素直に実践できない方は、参加されないほうが良いでしょう。
返金保証はありますが、貴重な時間の無駄です。ですが、信じて断糖食を実践して頂ければ、病気に対して何かしらの効果を感じて頂ける筈です。

性別や年齢に関係なくどのガンにも有効でしょうか?
荒木式食事法(断糖食)の基本的な考え方はどのようなガンに対しても同じです。

しかし、心配という方は医師に相談されるか、もしくは崇高クリニックを受診されることをお勧めします。

【荒木式】がん対策プログラムの食事法(断糖食)とは!?

この荒木裕先生の【荒木式】がん対策プログラムの治療である食事法(断糖食)は、癌細胞が好むエネルギー源となっている糖をカットする食事法によって、ガン細胞を兵糧攻めにすることで死滅させることを目的とした治療です。

 

 

自宅で実践できる食事法によって、病気を改善させるという点において、 患者さんにはほとんど負担がかかりません。
何か特別なものを食べるような食事法ではなく、食材(肉や魚等)はお近くのスーパーなどで手に入れることができますし、例えあなたが男性の一人暮らしだったとしても、簡単に料理できるものばかりなので安心して取り組むことが出来ます。

 

 

実際に、この荒木裕先生の【荒木式】がん対策プログラムの治療法である食事法(断糖食)を実践することによって、ガンが完全に消えてしまった症例もありますし、 少なくともガンの成長スピードを遅らせたり、 病気の進行を緩やかにできる可能性が高まります。
仮に、ガンが完治しなかったとしても、QOL(生活の質)を高く維持しながら、延命効果を最大限に高めて、最後まで自分らしい人生を送れるようになれるのです。

 

 

あなた自身、もしくは大切なご家族やご友人が癌で苦しみ悩んでいるようなら、時として良い情報に巡り会えた時には人生が好転することもあるので、まずは、こうした癌の治療の為の食事法があるという事を知るだけでも、視野が広がり今後の治療の参考になりますので、一度下記ページからその内容を確認してみると良いでしょう。

 

 

★安心の全額返金保証付き(ご購入後90〜180 日以内)

 

★365日間の回数無制限メールサポート権利

その他、断糖食レシピなど、すぐに役立つ特典多数

 

商品内容:DVD2枚組( DISC1 1時間17分、DISC2 1時間10分) 、冊子マニュアル1冊(行動計画40ページ、DVD収録まとめ61ページ)
ダウンロード版と配送版別がお選び出来ます。なお、配送版は別途送料2,000円がかかります。

 

今なら初回アクセスから“7日間限定”の特別価格