MENU

癌に対するビタミンCの効果

ビタミンCはがんに非常に良いと言われているのをご存じですか?
実際にがんの治療には、点滴で超高濃度のビタミンCを投与する方法もとられているんですね。

 

 

これは点滴によりビタミンCの血中濃度を通常より高くするという治療方法です。
そうすることでがん細胞の周りで金属類が反応して過酸化水素が発生するのです。

 

 

過酸化水素とは、殺菌消毒薬であるオキシドールの原料で、これががん細胞を攻撃して消滅させるのです。
また、正常な細胞にはカタラーゼという酵素があり、中和してくれるので正常な細胞には一切ダメージがなく、最大の魅力と言えるでしょう。

 

 

しかし、そのメカニズムは完全に解明はされておらず、がんの種類によっては効果が出にくいものもありますが、少なくても乳がんや腎臓、膀胱、結腸癌には効果があることが認めれているようです。
ただ、完全に完治したというケースは多くはなく、延命効果があるのは明らかですが、最終的には多くの患者さんが亡くなっています。

 

 

それには、ビタミンCをがん細胞が取り込みやすい環境になっていないことが考えれます。
そこで糖を摂らないようにする断糖食を同時に行うことで治癒率は飛躍的に上がると思われます。

 

 

何故なら、がん細胞の唯一の栄養源である糖が摂れなくなることで飢餓状態になり、ビタミンCが入ってくると、これを糖分と間違えて食べてしまうようになるのです。
ビタミンCは発酵食品や果物や野菜の中でも果糖が代謝されて作られることから、構造が殆ど同じなので間違えてしまうのです。

 

 

その結果、がん細胞はどんどん弱っていきますが、一方で正常な細胞はビタミンCが活性酸素を除去してくれるので、逆に元気になっていくんですね。
ですが、糖分が多くある時はビタミンCをがん細胞は食べなないので、糖分をしっかり制限する必要が大切になってくるのです。

 

 

そして、がんの再発や転移を防いだり、予防するには癌が好むのを減らし、食事で嫌がる食べ物を取ることが大切です。
その一つとして発酵食品があり、腸内の善玉菌を増やし、腸の免疫の力を強化します。

 

 

また、健康雑誌などにも紹介されていますが、糖質制限しながら豆乳ヨーグルトを摂ると、酵母と乳酸菌が糖分をビタミンCに変え、癌を弱らせることが出来るようです。

 

 

ただ、発酵食品にはヨーグルトを始め、納豆、キムチ、味噌、魚の干し物、鰹節など色々ありますが、種類や状態によってはお勧めできないものがあります。

 

 

この崇高クリニック院長 荒木裕先生の自宅で出来る【荒木式】がん対策プログラムの画期的な食事法(断糖食)では、なぜお勧めできないのかという理由とともに、摂取可能な発酵食品が具体的に分かります。
また、私たちが毎日無意識のうちに摂取しているガンを殺せるある物質についても解説してあるので、今後の治療や再発の予防などをする上でで非常に参考になるでしょう。

 

元ハーバード大学准教授が考案した信頼性の高い画期的な最新のガン食事法

異常をきたしたがん細胞を殺せる毎日摂取している物質をお教えします!

 

【荒木式】がん対策プログラム の詳細を見てみる