MENU

医者任せの治療では自分の命は守れない

癌になったら医者任せにして、本当に自分の命を守ることが出来ると思いますか?
保険治療だけを行っている殆どのガン治療医は、どちらかというと食事療法や免疫治療に対して、関心のない医者が多いのではないでしょうか。

 

 

その理由として、保険診療において食事療法などの適応が殆どないので、その治療の目的や意義、そして実際にやっていないのだから効果についても全く知らないでしょう。
その為、日頃から保険治療の担当医だけを頼りに、がんの標準治療だけを受けてきた患者さんは食事療法(断糖食)の恩恵に預かれる機会は少ないと言えますね。

 

 

その為、少しでも今の癌の病状を良くしたいなら、まずは良く勉強してご家族からの助言なども参考にしながら、自分から食事療法を新たに取り入れないことには何もはじまりません。
そしてひとたび断糖食を始めたら、案ずる以上に楽に行うことが出来て、安全な治療経過とその効果を得ることが期待出来るでしょう。

 

 

また、従来の保険制度による標準的な基本治療のみを行う主治医に任せるだけで、転移や再発がなかったという方は、本当に幸運だったと言えます。
何故なら、完治するのはがん患者さん全体の3割弱程度と言われているからです。

 

 

そして、不幸にも転移や再発が見つかり末期的症状が出はじめると、それまで信じて熱心に診てもらっていた主治医でさえ、対応が億劫になりがちです。
そして、いずれは保険治療にすべきことがないことを理由に、さじを投げられてしまう可能性が高いでしょう。

 

 

ですが、日頃から多少なりとも医療知識を持っていて、がんとひとたび診断されたとしても、早い時点から食事療法などの適切な治療を取り入れていれば、自分の命を守りとおす可能性を高めることが出来ます。

 

 

いずれにしても、自分の命なので全てを人任せにせず、必要に応じてその時代に最も適した治療や対策などを組み合わせるなど、アレンジすることが重要になってくるでしょう。

 

 

元ハーバード大学准教授が考案した信頼性の高い画期的な最新のガン食事法

 

【荒木式】がん対策プログラム の詳細を見てみる